MAGIC GOのパフォーマンス

あらためて書かれることではないと思うが
MAGIC GOのマジックはDogMagicだけではない

様々なシーンに応じた
クロースアップからイリュージョンまで
MAGIC GOの持つポテンシャルは高い

ではMAGIC GOは何種類のマジックができるのか?

こんな話がある

ある高名なマジシャンが新人のマジシャンに
「あなたは何種類のマジックができますか?」
と問うた

「私はカードマジックを300種類できます」
と新人が意気盛んに売り込んだところ
高名なマジシャンは
「カードマジックは何種類できても
カードという一つのマジックができるだけだ
あなたは何種類のマジックができますか?」と

MAGIC GOであればどうだろう?

クロースアップはカード、コインは言うに及ばず
カップアンドボール、ペン、キー、、、
身の周りのあらゆる小物の数だけ
マジックの種類があると云えるだろう

舞台で映えるイリュージョンではどうか?

脱出、消失、出現、入れ替わり、、、
それらもただ現象を再現するだけの
イリュージョンではない
マジシャンならば誰もが憧れるビルダーの
珠玉の名品を使ったイリュージョンや
カスタムオーダーのツール

それら器に負けない本場アメリカで習得した
GOのパフォーマンス

種類を数えるなら、足し算ではなく乗算でしか
計ることはできないだろう

マジシャンには
カードを専門のカーディシャン
指先を使ったマニュピレーター
心理的なマジックの演出が得意のメンタリスト
舞台で大道具を使うイリュージョニスト等々
沢山の分類があるが

MAGIC GOはそれらを包括した

まさに The マジシャン だと云えるだろう


タロットカードでのマジシャンのカードを
ご存知だろうか?

タロットでマジシャンのシンボルは
「無限大」を描いている

GOに「何種類のマジックができますか?」
と問うのは愚問かもしれない